ふさわしいデザインを調べよう

広告収入を得るためのデザインの仕方とは

誰に向けた広告なのか

子供に向けたデザインにする

おもちゃやお菓子を作っている会社のホームページを宣伝する際は、メインターゲットが子供になります。
すると、より分かりやすい広告にする必要があります。
また子供の興味を惹かなければ行けないので、大人向けの広告とはデザインが少し変わります。
かわいいキャラクターを作って、広告に記載すると良いでしょう。

キャラクターがいれば、子供は進んで広告をクリックしてくれるはずです。
子供に好まれそうなキャラクターを作ってください。
またキャラクターがいれば、広告を目立させることができます。
目立つ広告は、気になるのでどんどんクリック数が増えるでしょう。
伝えたい内容と無関係のキャラクターではいけません。
関連のあるキャラクターにしましょう。

明るい印象を与えよう

暗い印象の広告では、子供は興味を失います。
怖いとも感じるので、避けてしまうでしょう。
子供向けの広告を作る場合は明るい印象を与えてください。
色遣いも重要になります。
黄色や赤、オレンジといった明るい色を使ってください。
男の子向け、女の子向けというように細かくターゲットが決まっている場合は、それにふさわしい色を使いましょう。

男の子なら青や水色、女の子なら赤やピンクが一般的です。
黒や茶色は地味なので、子供は魅力に感じません。
色も考えながら、広告のデザインを決めましょう。
黄色や緑色は、男の子にも女の子にも好まれる色です。
どの色がどのような印象を与えるのか、調べるのも良いですね。
デザインを考える時の参考になります。


この記事をシェアする